IPv6ネットワーク基本設定

IPアドレスの設定について

IPアドレスの設定自体は 結論から言うと 「IPv4よりは楽である」です
IPv6においては IPv4と違って「IPv4アドレスを自動設定する仕組み」があるのです

通常の家庭で一般的なネットワークは下記通りです

基本的には プロバイダから提供されるルータに 全ホストがぶら下がる形のはずです
(途中に L2スイッチはあるかもしれません)

このとき ルータはプロバイダからの基本設定が入っていますが
肝心のホストには 「IPv6である」という設定をするだけでよいのです

IPv6のルータには NDP(Neighbor Discovery Protocol)という仕組みが備わっていて
そこにぶら下がるホストが自動的に IPv6のネットワーク設定をしてくれるのです
IPアドレス デフォルトルートまで設定されそのままインターネットが利用できます

IPv4では LANのネットワークアドレスの設計から DHCPサービスの設定
といった煩わしい作業が必要でした

ところで 逆に次の図のように 自前でIPv6ルータを設置するような
複雑なネットワーク構成をとろうとすると

ルータ間のルーティング設定や 自前ルータのNDP設定など
繁雑な作業が一気に増えます (ここでは触れません)

と 今回たまたま 自宅回線がOCN利用だったので
パソコンを「IPv6ですよー」と設定しただけで IPv6設定が完了したのです
外部のインターネットサービス提供側が IPv6サービスを提供してくれる必要があります
(IPv6環境が徐々に整備されるのを待つしかありません…)

IPv6トップへ戻る
カテゴリー: IPv6