ESP32 の紹介

ESP32

2017年に日本でも発売されるようになった マイコン向けCPU です
ESP-ROOM-32 CPU概観
有名な Arduino の後継に位置づけられますが
後述のようにパワーアップしています
ESP32-DevKitC
半年ほどすると 図のような完成キットも発売され 通常こちらを使います
PC接続するための 電源 兼 USBシリアル通信用 microUSB端子 が付いてます
リセットスイッチ や 起動モード選択スイッチ も表面に実装されています

ESP-WROOM-32 と ESP-WROOM-02 比較
ESP-WROOM-32 ESP-WROOM-02
CPU Tensilica LX6(32bit)
160MHz/240MHz
デュアルコア
Tensilica LX106(32bit)
80MHz/160MHz
シングルコア
メモリ RAM:520KiB
フラッシュROM:4MB
RAM:80KiB
フラッシュROM:2MB/4MB
無線LAN 802.11b/g/n/d/e/i/k/r
2.4GHz帯
WPA/WPA2/WPA2-Enterprise/WPS
AES/RSA/ECC/SHA
802.11b/g/n
2.4GHz帯
WPA/WPA2
WEP/TKIP/AES
Bluetooth v4.2 なし
プロトコル IPv4/IPv6/SSL
TCP/UDP/HTTP/FTP/MQTT
IPv4
TCP/UDP/HTTP/FTP
インターフェース I2C/I2S
SPI/UART
PWM
GPIO
SDIO
ADC 10bit
I2C/I2S
IrDA
PWM
GPIO
SDIO
ADC 10bit

能力的には 1990年前半の家庭用PCクラスです

ESP32マイコンを製作する

2017年の初旬は CPU単体でしか売られていなかったので
少なくとも USBシリアルコンバータ を別途調達してきて
マイコンの形にすることが必要です

丁度公式サイトで サンプル回路図 が公開されていて
秋葉原で部品を揃えれば作れそうだったので試してみました
ESP32-WROOM-32 パッケージ
実際買った ESP-WROOM-32がこれ
ちゃんと日本で使える技適マーク付き 当時 700円 今 550円 くらいで安い
L型2列ピンヘッダ
これが今回の秘密兵器 L型2列ピンヘッダ
CPUパッケージのピッチが 1.27mm ですが これを一般的な 2.54mm の
ブレッドボードや回路基板に挿せるようにするために配置変換させます
ピンヘッダ ピンソケット
ピンヘッダの L字の部分をペンチで加工します
加工時の安定性確保のために 2列ピンソケットに挿した状態で 曲げていきます
ピンヘッダ加工中
加工中を横からみたところ ピンヘッダの上の段と下の段 が交互に
半ピッチずつずれて折り重なるようにします 上下段で 1.27mm ピッチになります
こうやって合計 38ピン 分の L型2列ピンヘッダを作ります
ESP32-WROOM-32 + L型2列ピンヘッダ はんだ付け前
ピンヘッダ と ESP-WROOM-32 を はんだ付けする直前の状態
このように L型ピンヘッダを一旦 基盤に挿し込んで固定します
ESP-WROOM-32 をピン間に挟み込んで固定します

ピッチが合っていることを十分確認してから はんだ付けします
はんだの載りを良くするためフラックスも塗った方がよいです
CPUを熱で壊さないように冷ましながら はんだ付けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です