独自ドメイン サーバレンタル 運用

インターネット上でサーバを運営するぜ

のタイトルに興味を惹かれた方向けのブログです
必要ない人には まったくどうでもいい次のような いろいろ実験ができます

  • 自宅以外でサーバ構築など試してスキルアップ
  • 独自ドメイン ***.com などが持てる
  • 固定グローバルIP が持てる 自分の好きなサービスがインターネットに提供できる
  • 自分で Webサーバや アプリケーションサーバなど 自由に構築運営できる
  • 自分で メールサーバや その他サービスなど 自由に構築運営できる

20年くらい前では グローバルIPの取得から 高い独自ドメイン取得とホスティングサーバの契約など
なかなか敷居が高かったのですが 最近の仮想化技術のおかげでリーズナブルになりました

今回紹介する 各種サービス リソース 価格スペックをまとめたものが次の表です

システム構成
独自ドメイン VALUE-DOMAINによる ドメイン申請代行 1300円/年
独自サーバ ABLENETによる VPSサービス 6000円/年
固定グローバルIP
SSL証明書 SSLBOXによる 格安SSL証明書 800円/年

それでも 年間8000円以上…個人の財布には響く値段ですね
2000年前半は同等のサービスが 月に1万円以上だったことを考えると格安と言えます

独自ドメイン

****.com や ****.jp など自身のサービスの看板と言えるドメインを持てるサービスです
かれこれ 10年以上 VALUE-DOMAINを使い続けてます
VALUE-DOMAIN トップページ
.jp や .net .com など人気のある TLDは金額も高いです
.spaceとか 未来を先取りしたようなものもあります

あと VALUE-DOMAINでは VALUE-SERVER XREA CORE-SERVER という 3種類のホスティングサービスも運営しています
ドメインや SSL証明書と併せて ここでまとめて申し込むこともできます
以前は VALUE-SERVERを使っていました
VALUE-DOMAIN 管理画面
poared.com ドメインの例で 管理画面です
ドメイン取得 から 移管 レコード登録 まで Web画面から設定できます

独自サーバ 固定グローバルIP

自宅の電気代や設置スペースを必要としない 独自サーバです
以前は VALUE-SERVERホスティングサービスでしたが ABLENETのVPSサービスに代えました
ABLENETのサービスは いわゆる「IaaS」で仮想サーバ提供してもらえるのです
自分の好きな OSを何度でも入れ直すことができます
ABLENET VPSサービスページ
仮想デスクトッププランというのは Windows環境の提供プランです
今回あくまで個人用途なので VPSプランの一番安い V0で FreeBSDで構築しました
ABLENET 申し込みメール
ABLENET申し込んだ時に届いたメール
試用期間が短くて OSインストールできるかどうか確認するくらいしかできません
ただ固定IPや vps.ablenet.jp の FQDNも割り当ててもらえます
もちろん独自ドメインを持っていれば そちらを使っても構いません
ABLENET 管理画面
ABLENETのサーバ管理画面です シンプルで解りやすいインターフェースです
ABLENET 管理画面 サーバ詳細
サーバ毎に細かい操作を指定できます
電源ON/OFF CDイメージの選択 初期化など サーバ操作に必要な一通りの操作ができます
ABLENET CDイメージ選択
CDイメージの選択画面です メジャーなOS一通り揃ってます
Windowsを使う場合 仮想デスクトッププランにする必要があります
ABLENET 仮想サーバ起動状態
FreeBSDをインストールするために仮想サーバを起動しました
「コンソール(画面)」を押すとブラウザ上で 仮想サーバのコンソール画面が操作できます
一通り初期設定が完了するまでは この管理画面のお世話になります

SSL証明書

独自ドメインを HTTPSとしてインターネットに Webサービスを提供したり
SSL関連のセキュアな認証機能を必要とする場合は SSL証明書が必要になります
SSLBOX トップ画面
GeoTrustなど ほとんどのブラウザが対応している 有名なSSL証明書は高いですね
この辺りは企業が Eコマースなどサービス提供する用です

個人の実験用途としては CoreSSLの安いのでいきます
ただしブラウザやプログラムによって 証明書のセキュリティチェックに失敗することもあります
SSLBOX 管理画面
SSLBOXの証明書管理画面です
「管理画面」を押すと詳細画面に移って
SSL証明書の登録情報や 証明書の更新 サーバ証明書のダウンロード など必要な操作ができます

VPSサービスなどもそうですが 全てWeb管理画面で操作できる反面 サーバ運営の基礎知識が必要になります